昆虫を愛する女子は平安時代にも

昆虫を愛するいのうえさくらさん
 
昆虫食でサバイバルした井上咲楽(いのうえさくら)さんは現代の虫愛づる姫君かもしれません。「虫めづる姫君」は堤中納言物語に登場します。
 
堤中納言物語は源氏物語などと同じく平安時代~鎌倉時代に編まれ、恋愛小説の一種。
 
虫めづる姫君のお姫様、両親の愛情にも恵まれしかも聡明な女子。ではありましたが年頃の娘さんとはちょっと違い虫が大好き。蝶の幼虫の芋虫やバッタ、かたつむり、ヤスデ、ヒキガエル、カマキリなど。

 

虫好きである以外はごく普通の女子だったに違いありませんが、平安時代の貴族の姫君のわりには眉毛も剃らず外見には無頓着。
 
そんな姫君の生活のなかに現れるのは右馬左(うまのすけ )
右馬左(うまのすけ)君はやはり貴族の御曹司でやんちゃなところもあって、女装をして姫君をそっと覗き見したりしてちょっかいを出す。
 
このプレイボーイ右馬左君は想いをよせる姫君との恋が成就したかどうかは、堤中納言物語第二巻でとありますが二巻目は出ておらず不明。
 
仮に成就することになればきっとお化粧をし、ファッションも変わって行くに違いないと思われます。
 
そう、芋虫が蝶に変身するように、、

 

「虫めづる姫君」が昆虫食をしたかどうかは不明ですが、昆虫を愛する姫君はきっと昆虫可愛さのあまり食べちゃったかも。
昆虫は栄養豊富でもあるし、、
 

 
 
さくらさんが購入しているお店は 
 

現代の「虫めづる姫君」は井上咲楽(いのうえさくら)さんをはじめタレントの井上真衣(まいころ)嬢、そして愛さん。